Lemon and Elderflower Drizzle Cake * レモンとエルダーフラワーのドリズルケーキ


自家製のエルダーフラワーコーディアルを使って、レモンとエルダーフラワーのミニ・ドリズルケーキを焼きました。

 


イギリスに滞在中に出会って大好きになったエルダーフラワーコーディアルの炭酸割りを日本でも飲みたい!
だがしかし市販品は日本では高級品!ならば自家製だ!!
と、庭にエルダーフラワーの苗木を植えて3年目の昨年、ようやく一房だけ花をつけたのですが
さすがに一房の花だけではコーディアルを作ることはできずに断念…。
そして今年、なんと10個以上のつぼみがつきました♪
今年は、やっと、念願の、自家製コーディアル作りができます!やったー!


白く可憐なエルダーフラワーの花達

レシピはBBCのコチラのレシピを参考にしてレッツ・コーディアル作りです♪

しかし、ここで問題が発覚。
木には10以上のつぼみをつけていますが、みんな揃って一気に開花するわけではなく、咲くタイミングが様々だということです。
コーディアルには開花して香りが出てきた花を使います。
育ててみて分かったのですが、花は開花して3日目から香りが出ます。
そして一週間もたたずに枯れてしまいます。
生花を使う場合は、花の命は短く、コーディアルにするタイミングがとても限られてしまいます。

BBCのレシピでは20房の花を使うように書かれていて、まあ、10房咲けばなんとか作れるだろうと甘く考えていました。
ぽつぽつと日をずらして花盛りを迎える我が家のエルダーフラワー、なんてこった、どうしよう…
しかし、コーディアル作りを夢見て待つこと4年、やっと複数咲き始めたこの花を無駄にはしたくない!
ということで、かなり強引なコーディアル作りに挑戦します。


現段階でベストタイミングで咲いた花はたった2房
まずはこの2房から処理していきます。

花を軽く水洗いしてホコリや虫を取り除き、茎が入らないように花だけをハサミで切り落としていきます。
そして水とグラニュー糖を合わせて沸かしてシロップを作り、そこに花とレモンの皮とレモン汁を入れて冷蔵庫で寝かせます。
なんて簡単!あとはこれを濾して通常は完成なのですが、私のは花が足りていません。
味をみてみると、エルダーフラワーの香りはうっすらでただの美味しいレモンシロップです。

さあ!ここから強引にいきます。
次の花がベストタイミングの咲き頃を迎えたら、寝かせておいた第一陣のシロップを濾して再沸騰させ、同じ要領で茎を除いた第二陣の花、レモンの皮、レモン汁をそのシロップに追加で漬けます。
一晩寝かせたそのコーディアルを試飲してみると・・・おお!イギリスで飲んだあのエルダーフラワーコーディアルの味に!
ちゃんとエルダーフラワーの香りがたっぷりあります。花を追加していくという荒業がなんとか成功しました♪

もしも私と同じ様に、花が少ないでも諦めたくない!という方のためにご参考までに今回私が試したレシピは、
水100g、グラニュー糖150g、レモン皮と果汁1個分(半々に分けて2回入れた)、エルダーフラワーの花は合計で5房 でした。
小瓶一個分のかなり少量の仕込み量となりますが、なんとかなります。
砂糖の量はお好みで増やしても減らしても良いと思います^^


やっと念願の自家製エルダーフラワーコーディアルが完成しました♪
ここからは、そのコーディアルを使ってケーキを作っていきたいと思います。

 

昨年作ったレモンとエルダーフラワーのケーキに再挑戦してみたいと思います。
前はあまりエルダーフラワーの香りがしなかったので、今年はちゃんとエルダーフラワーの香りがするケーキを目指します。


バターケーキ生地にレモンの皮とブルーポピーシードを混ぜ合わせて、
型に絞り入れ、レモンピールをのせて焼きます。
焼き上がったらたっぷりとエルダーフラワーコーディアルを染み込ませます。
ケーキの熱が取れたら、エルダーフラワーコーディアルと粉糖を混ぜたアイシングをかけてレモンの皮をのせます。


レモンとエルダーフラワーのミニ・ドリズルケーキの完成です。

エルダーフラワーコーディアルを炭酸で割ったドリンクと一緒にいただきます♪


レモンの爽やかな香りとポピーシードのプチプチ感、そしてたっぷりと染み込ませたエルダーフラワーのマスカットのような甘く爽やかな香りが口いっぱいに広がって美味しいです。
一口で食べれちゃうミニサイズにしたので、一口で全部を味わえるのが良いです^^
コーディアルの炭酸割りはやっぱり美味しい!イギリスで過ごした初夏を思い出してしまいます。

 

今回やっと念願のエルダーフラワーのコーディアルを作ることが出来ました。
可愛い小さい白い花を一輪づつ茎から摘んでいって、ふわふわと重なっていく花の姿、キッチンはエルダーフラワーとレモンの香りに包まれて、なんだかメルヘンな世界に迷い込んだ気分になってしまいます。
花の香りを抽出したシロップをいただくなんて、蝶や妖精にでもなったかのようです、笑
なんというか、そういう世界観もイギリスにはピッタリですね。

イギリスの素敵な習慣を日本にいても同じ様に楽しめるなんて本当に嬉しいです。
来年はもっとたくさんの花が咲くかな?そうしたら追加仕込みしなくても一回で仕上げられるようになれたら良いなぁ。
初・我が家産エルダーフラワーコーディアルは小瓶2つ分しか取れませんでしたが、これから暑くなる日々にこのコーディアルの炭酸割りを飲んで乗り切っていきたいと思います^^

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です