スコーンでティータイム


今日はシンプルにスコーンでティータイムにしようと思います。

プレーンスコーンと、レーズンが入ったフルーツスコーンを焼きました。
美味しそうに焼き上がってくれて嬉しいです。

 


プレーンスコーンは卵が入ったほっこり味
フルーツスコーンは粉の香りとレーズンの甘さを楽しめる素朴な味
どちらも美味しい~

しかし、まあ、やはり、スコーン作りは難しいですね。
久々に作ったら理想通りに膨らまなくて、味もイマイチで…
あらー!?と思って作り直しました。
水分量、焼き時間、ちょっとずれるだけで食べたい味から離れてしまう。
なんて繊細なんだ。

でもなんだかんだで、スコーンと一緒のティータイムは良いですね~
やっぱこれだなぁ~と思ってしまいます。シンプルイズベスト。
スコーン作りの感覚を忘れないうちにまた作ろうと思います。

 

2 Comments

  1. ゆう

    スコーンは毎回同じにはなりませんね。
    シンプルなだけに難しい…
    狼の口にならないとあゝとなったり。
    アレンジも出来て本当に最高のお菓子だと思います。
    本場で美味しいスコーン食べ歩いてきます!
    コッツウォルズ立ち寄りますが、日本人は好きだなあ言われました。計画的に移動時間も考えてゆっくりした旅行の予定です。
    accoさんのサイトをガイド代わりにしまーす。
    恐ろしい長時間フライトだけがネックだけど。

    返信
    1. acco (投稿者)

      ゆう様

      コメントありがとうございます^^

      同じレシピで作っているはずなのに、なぜ焼き上がりが違うのか!?とビックリです。
      それも面白さの一つかもしれませんが^^

      コッツウォルズは日本にない景色ですものね~ 好きなのはしょうがないです!笑
      車だと効率よく色々な村を回れますが、電車やバスだと本数が少ないので事前にタイムテーブルを調べておくと便利ですよ。
      私は行けなかったのですが、コッツウォルズのマナーハウスでアフタヌーンティーとか素敵そうです♪
      ぜひぜひゆっくり楽しんでいらしてください*^^*

      私もあの長時間フライト…苦手です…笑
      acco

      返信

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です