Rhubarb & Orange Tart * ルバーブとオレンジのタルト


我が家のポット栽培のルバーブが今年始めて花を咲かせました。


ルバーブはこんな花が咲くのですね。
カリフラワーみたいです。

たったの一株だけ庭で育てているのですが、今年でこの子も4年目。
このまま花を放っておけば種が取れるのかな?


そんなルバーブを収穫してタルトを焼いてみました。

 


今回採れたのはたったの3本^^;
相変わらずうちのルバーブの茎の色は根本は赤いけれど、ほぼ緑です。

今回は以前テレビのbillsの番組で紹介していた、ルバーブを砂糖とバニラとオレンジの果汁でコンポートにする方法を試してみました。
ルバーブを適当な大きさにカットして、バニラシュガーをまぶしてバニラのさやもついでに一緒にのせときます。オレンジの果汁をかけてオーブンで柔らかくなるまで火を入れます。
ビルさんが番組で作っていたルバーブのコンポートはそれはそれは綺麗なピンク色に仕上がっていました。私が作った物はまるでフキを炊いたやつですね~
気にせず次へ進みます!


せっかくルバーブにオレンジの風味がついているので、オレンジ自体も一緒に焼いていこうと思います。
タルト台にアーモンドクリームを詰めて、上にルバーブのコンポートと生のオレンジをのせます。
周りにアーモンドを散らして焼き上げて完成です。


焼きあがったルバーブとオレンジのタルト
生のオレンジをのせたので焼成時間が長くかかってしまったせいか、ちょっと焦げ色が強めについてしまいました。
それにしてもこの見た目は菓子には見えませんね~
いい感じに焦げ色の付いたオレンジ色の物と何か細長い緑色の物がのっかっていて、焼き上がりの初見これはキッシュかな?と思ってしまいました。
苦し紛れに粉糖とミントを・・・


見た目がイマイチではありますが、味に期待します!


オレンジがまだ余っていたので、お供のお茶はオレンジのフレッシュ果汁を使ったホットオレンジティーにしました。


お味の方は、うおー!自画自賛ですが、美味しい!
タルトはサックサクで、アーモンドクリームのコクのある味にオレンジの爽やかさがたまりません。
そしてルバーブが本当に美味しい!バニラにオレンジと味が色々混ざり過ぎないかと思いきやとても上手くまとまっています。
バニラの甘い香りとオレンジの爽やかさがルバーブのエグみや青臭さを消してていて、ルバーブ特有の酸味がちょうどよく口に広がります。
さすがbillsだ・・・完敗だ・・・大好きだ!

これが真っ赤なルバーブであったならきっとピンクの綺麗な色で菓子らしい見た目に仕上がったのかなぁと思いつつ、味はとても美味しかったのでまたルバーブが収穫できた時に見た目にも気をつけて再度焼いてみたいと思います。

 

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です