Millionaire’s Shortbread * ミリオネア・ショートブレッド


ショートブレッドの上にキャラメルとチョコレートがのったミリオネア・ショートブレッドを焼きました。

 

Millionaire’s Shortbread 、名前のインパクトがすごいです。
直訳すれば、億万長者のショートブレッドです。
バターたっぷりのショートブレッドの上にキャラメルをかけて、そこへチョコレートまでのせちゃお!っていうのですから、そりゃリッチです。黄金色のキャラメルが挟まった姿はまるで金の延べ棒のように見えてきます、笑


こちらはイギリスで初めて食べたミリオネア・ショートブレッドです。

ふらっと立ち寄ったショートブレッド専門店に売っていました。
その時ミリオネア・ショートブレッドというものを初めて見て、
キャラメルとチョコがかかったショートブレッドがある!なんと魅惑的なことだろう!と、一目惚れして即購入しました。

ワクワクしながらパクっと一口食べてみれば、
甘っ!!!
極甘です。もうこれ砂糖よりも甘いんじゃないかなと思うくらい甘い。
ザクザクなショートブレッドの上にのったキャラメルは歯で簡単に噛み切れる柔らかさで、そして驚きの甘さ!
上にコーティングされたチョコレートもビターなどではなくスイートチョコでしかも砂糖を混ぜてさらに甘くしてありました。
でた~、イギリスでわりと出会うチョコレート色をしたチョコの味がしない砂糖味のやつだ~
甘さに悶絶しながらも、こうした味も見た目もクラシックなままの菓子と出会えることの嬉しさ!
甘くてよいのです、極甘でよいのです、これが昔から愛されてきたイギリスの味なのです。

と、そんな甘い思い出のあるミリオネア・ショートブレッドを今回作ってみたいと思います。

 

クラシックな甘甘味を作ってみるのもよいのですが、食べるのは私なので^^; 私が最後まで食せる味のものを作ります。

作り方を調べてみると、土台は普通のショートブレッド、真ん中にサンドされているキャラメルはファッジのように緩めに煮詰めた柔らかいもので、コンデンスミルクで作るのが一般的なようです。
なるほど、あの甘さは加糖練乳を使うことで得られるものなのですね。
甘みを抑えめにするためにもキャラメルを練乳ではなく生クリームで作るという方法もありますが、それではミリオネアショートブレッドの個性を殺してしまう気がしたので、ここは練乳を使ってキャラメルを作ってみようと思います。

練乳、バター、糖蜜、そして砂糖を鍋に入れます。
加糖練乳を使っているくせにさらに糖蜜と砂糖も加えるの?と引かれそうですが、これでも本場のレシピから比べるとかなり砂糖の分量は少なめです^^;

作り方はほぼファッジと同じで、材料を約115度前後になるまで煮詰めるだけです。
ファッジの場合はホロッとした食感を出すために煮詰まったらよくかき混ぜて結晶化させますが、煮詰まったらそのまま固めれば生キャラメルのような歯で噛み切れる柔らかいキャラメルの出来上がりです。


炊き上がったキャラメルを焼いておいたショートブレッド生地の上に流して常温で固めます。
キャラメルが固まったら、溶かしたダークチョコを流し入れて、味の引き締め役にクリスタルソルトを少し振ります。


チョコが固まったら好きな大きさにカットして、
ミリオネア・ショートブレッドの完成です♪

金の延べ棒くらいの大きさにカットするのが本場っぽくて良いかと思ったのですが、甘さはいくらか控えめにしたとしても甘いことは変わらないので、1~2口くらいで食べ切れる小さめカットにしました。


お供にミルクティーを淹れて、
いただきます♪

んーー、甘い!だけどおいしい!
さくさくのショートブレッドに柔らかいキャラメルとビターチョコのハーモニー、チョコとキャラメルの組み合わせが美味しくないはずがない!

練乳を使って作ったキャラメルは懐かしさを感じる味で、甘さが口いっぱいに広がって幸せです。
極甘!というわけではなく、それこそ昔流行った生キャラメルくらいの甘さです。
練乳ってなにか懐かしさと優しさと幸せを感じる味ですよね。
チョコに振りかけた塩が良い引き締め役で、後引く味です。

そういえば、私がイギリスに滞在している時に、ミルクティーのお供用にお気に入りのビスケットを空き缶に詰めてマイ・ビスケット缶を作っていたのですが、そこのレギュラーメンバーにいたのがMcVitie’s のCaramel Chocolate Digestivesのダークチョコ味でした。
これってまさにマクビティ版ミリオネア・ショートブレッドですね。
このビスケットめちゃくちゃ美味しいんですよね。日本でも売ってくれないかなぁ。
というか、リンクを張ったマクビティページ(UKサイト)の猫のCMが可愛すぎます。猫好き&マクビティ好き&イギリス好きの私は即死レベルの可愛さです!悶絶!

マクビティ猫の可愛さについつい話がそれてしました。
今回自分で作ったミリオネア・ショートブレッドですが、小さめに切ったのでティータイムにミルクティーと共に2つくらいソーサーに添えられて、量もちょうど良かったです。
次回作る時はベース生地をダイジェスティブにしてマクビティ風にしてみようかと思います^^

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です