Spicy Chocolate Cake & Biscuits * スパイシーチョコレートケーキとビスケット3種


スパイスを効かせたチョコレートケーキとビスケットを3種類焼きました。

 


スパイス入りのチョコレートケーキはイギリスのレシピで作ってみました。

小麦粉にココアパウダーと一緒にミックススパイスを加えます。
イギリスではベイキング用にシナモンやジンジャーなど数種類スパイスが混合されたMixed Spiceというものが売られています。
私はSchwartz社のものをよく使っていました。これを入れると、ああ~イギリスのスパイスの効いたお菓子の味だなぁと感じます。
日本にも同じようなものでペストリースパイスミックスが売られているのですが、イギリスのものとは香りが異なり、うーん悪くないけど何か違うなぁと思ってしまいます。
なので今はSchwartz社のものに似せて配合したマイ・ミックススパイス作って、今回のチョコレートケーキにも入れてみました。

チョコレートケーキの生地にはココアだけでなく溶かしたチョコレートも入れるレシピなので、リッチな味になりそう!と期待しています。


ビスケットは以前作ってとても美味しかったお気に入りのメルティングモーメント(写真右)と、
試作品として、アップルジンジャー味(写真左)とクルミ味(写真中央)を焼いてみました。


焼きあがったお菓子たちをお皿に盛って、ティータイムです。

 


今日はとっておきのティーカップを出しました。
とっておきと言っても、特にお高いわけではなく、私が一番気に入っているティーカップです。
Mason’s の Regency

イギリスに滞在していた時、アンティークショップやマーケットを巡って自分好みのティーカップ集めをするのが好きでした。
そんな中一目惚れをし、その後ゾッコンなのがこのMason’sです。
色々なパターンがある中でもこのRegency が一番好きです。
カラフルなのに派手過ぎず、気取った感じがなく、心躍る可愛らしさがあって、なんというか良い意味でカントリーな雰囲気で、うーん…ちょっと上手く言えないのですが、自分的にとてもしっくりくるのです。
気取らない日常のティータイムを楽しくしてくれる感じです。

ロンドンや地方で週末に開かれるマーケットにちょっと出かける程度のお気楽ビンテージハンターだった私では、このメイソンズはなかなかお目にかかれない品でした。
超貴重なアンティークから手頃な品までなんでもござれなポートベローの有名なティーカップ屋さんへ行った時に、ここなら絶対にあるはずだ!と店主に「Mason’sのティーカップはありますか?」と聞いたら、「Mason’s? plenty.」と答えが返ってきて、やった!Plentyだと!たくさんあるのか!やったー!
と喜んだのもつかの間、店主より「君は日本人だろ?日本人は手書きの繊細な小花柄で、なおかつ美しい金の装飾が施されたものが好きなはずだ。Mason’sは僕の手元にたくさんあるが、あれはイギリスでアメリカへ輸出用に作られたもので君の趣味ではないはずだ。」と。
勝手に決めつけられた!地味なのが好きなやつもいるっつーの!と、売ってもらえなかった上に、何故か数百ポンドもする店主秘蔵のティーカップをあれこれ見せびらかされるという、逆になんだか貴重な体験をした思い出があります。

Mason’sのティーカップはイギリスで買うと£10前後で手に入る品なのですが、運がなかったのかイギリス滞在中に自分が買えたのはたったの2客でした。


そんな一番のお気に入りのカップにミルクティーを注いでいただきます。

チョコレートケーキはスパイスが強すぎずほどよい香りで、食感はふわっふわです。
しっとりリッチに焼き上がるかと予想していたので、まさかこんなふわふわなケーキになるなんて!とちょっとビックリしてしまいました。
ふわふわでほろりとしていて、ほんのりスパイシーでとても美味しいです。

アップルジンジャーとクルミの試作2種のビスケットの方は、もう少し改良したほうが良さそうな味です。
メルティングモーメントはやっぱり美味しい!
外側にまぶしたココナッツの香りとさくっとホロッとした食感で、なんだか懐かしい味でたまりません。

また、お気に入りのティーカップでいただくと、気分がウキウキして一段と美味しく感じます。

 


どうでもよい話なのですが、実は今、何を作ってもうまくいかない&気に入らない期間に突入してしまいまして^^;
ちょっと一回落ち着こうと思い、一番のお気に入りのティーカップを出してお茶をしました。

私が何を作ってもうまくいかない病の時は基本を忘れているときです。
お茶を飲んで心を落ち着かせて、初心を思い出し、一つ一つの作業を丁寧に、自分の目指す物を見極めて、再び気張っていこうと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です