Lake District 湖水地方の旅①

LakeDistrict69
イギリスへ来たら行ってみたい場所、行くべき場所がLake District湖水地方だと思います。

日本からのツアーの日程に組み込まれる事も多く、ピーターラビットの故郷で昔から変わらないイギリスのカントリーサイドらしい風景を楽しめる場所です。

私が初めてイギリスへ行った時は、絶対に湖水地方は外せない!と思って湖水地方に一泊できる添乗員さん付きのいたれりつくせりツアーに母と一緒に申し込み、とても楽しみにして訪れた場所でした。
ツアーだと効率的にいろいろな場所に行けて、どこへ行くにもバスで楽ちんに連れて行ってもらえて、添乗員さんがいるのでなんでも安心おまかせなのが良いところです。
ですが自分で何も考えずに簡単に行けてしまう、時間が十分に取れないので感動が薄いといいますか、景色を見させられて「ほ~立派んもんだ!」と感激して帰ってくるという感じでした。実際にあんなにも憧れ焦がれた湖水地方を初めて訪れて見て私が持った感想は、「ふーん、なんだか箱根みたいだね。(ウィンダミア湖が芦ノ湖に見えた)」というものでした。

しかし!イギリスに長期滞在したおかげで湖水地方の良さというものに気がつくことが出来たのです。

  1. 山がある
    湖水地方は丘もありつつ山や谷がある山岳地帯
    イングランドは山と呼べる様な標高の高いものがほぼなく、どこまでも続く穏やかな丘陵地帯
    そんな穏やかな丘ばかりを見慣れてきた時に湖水地方へ行って見た山への感動ったらない。
    山だ!山がある!と山に囲まれて暮らしてきた日本人の血が騒ぐ。
  2. 水が美味しい
    ロンドンやコッツウォルズなどイングランド中部から南部は水が硬水で、イングランド北部である湖水地方は水が軟水。
    硬水の水に飲み慣れ、これが普通と思っていた頃に湖水地方で飲んだ水の軽やかさ滑らかさ甘さに感激!
    水道水ごときにうまい!と叫んで、ペットボトルに詰めてロンドンへと持ち帰るほど。
  3. 家の色の違い
    コッツウォルズなどのハニーストーンの金色の可愛い色合いと違い、カンブリアストーンと呼ばれる灰色の石造りの家や石垣が多く見られる。
    このグレーの色合いがどこか哀愁を感じ、静かで落ち着く風景になっている。
  4. 羊が違う
    コッツウォルズなどでよく見るのは全体的に白い毛の羊ですが、湖水地方には黒い毛の羊がいてさらに顔が可愛い。

と、初めて行った時にはピーターラビット以外に特になんの印象も持てなかった湖水地方でしたが、イギリスワーホリ中に自分の足で巡ることで湖水地方の魅力に気が付き、滞在中3度も訪れることになるほど大好きになった場所です。
日本のツアーではピーターラビットだけ見て帰る(イギリスのテレビでそんな日本人をからかうような番組を放送されてたほどに)のは大変もったいなく、ぜひとも時間をたっぷりとって湖水地方の自然を満喫して欲しいと思っています。

 

LakeDistrict2
湖水地方へ行くにはロンドンの Euston駅から特急列車に乗ってOxenholme Lake District駅へ、そこでローカル列車に乗り換え、湖水地方の景色を見つつWindermere駅まで行きます。時間はだいたい3時間半前後です。
このウィンダミアからバスやフェリーを使っって各観光スポットを巡ることができます。

LakeDistrict4
ウィンダミアにはホテルやB&B、レストランやおみやげ屋さんがたくさんあり、大きなスーパーもあるのでとても便利です。
安く滞在できるユースホステルもあるのですが、駅からバスに乗っていかないといけない&まわりに何もない不便な場所にあるので、どうせならキレイで可愛い部屋においしい朝食がついたB&Bがオススメかなと思います。

LakeDistrict3
食事処もパブやイタリアン、カレーに中華とどれを食べようか悩んでしまうほどあるので夕飯も安心です。

LakeDistrict6
そして駅からウィンダミア湖へ下っていく道の途中に”The World of Beatrix Potter Attraction“というピーターラビットの世界を楽しめるスポットがあります。

LakeDistrict7
可愛らしいピーター達の人形で物語の場面を再現していて、お子さんはもちろん原作ファンの大人も大興奮の場所です。

LakeDistrict8
屋外もあります。もうどこを見てもかわいい!
細かいところまでしっかり作りこまれていて、ゆっくり見ていたら午前中はここで過ごしてしまいそうなほどです。

LakeDistrict10
ティールームやおみやげ屋さんもあり、ここでピーターラビットグッズは全部揃っちゃうんじゃないかと思います。

 

LakeDistrict11
ピーターラビットの博物館からそのまま道を下って行くとウィンダミア湖に出ます。
そこからフェリーや遊覧船に乗ったり、湖畔を散歩したり、道を縦横無尽に歩く白鳥と出会ったりできます。

LakeDistrict82
湖畔沿いの遊歩道を歩いて行くとちょっと高台になった場所があり、ウィンダミア湖に沈む夕日を見れます。
この日は曇り気味だったのちょっと残念です。

 

次は、ボウネスからベアトリクス・ポターの家があるヒルトップまで行きます。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です