Gluten-Free Orange Cardamom Cake * オレンジカルダモンケーキ


今年仕込んだオレンジマーマレードとオレンジのコンフィを使ってケーキを焼きました。
小麦粉を使わずにアーモンドパウダーで作ったグルテンフリーの焼き菓子です。

 


こちらはイギリスのコッツウォルズ地方のチェルトナムという街のティールームで食べたオレンジアーモンドケーキです。
イギリスでは小麦アレルギー対応のグルテンフリーのメニューをよく見かけます。
グルテンフリーを売りにしたティールームもあるほどです。
小麦粉の代わりにアーモンドパウダーを使ったこのオレンジアーモンドケーキはその代表格ではないでしょうか。

チェルトナムのティールームで食べたこのオレンジアーモンドケーキは見た目からもわかるようにどっしり&しっとりで、アーモンドの濃厚な味わいにオレンジの爽やかさが合わさっていて、小麦粉を使っていなくても何も物足りなさも違和感も感じないとても美味しいケーキでした。

初めてグルテンフリー菓子のこのオレンジアーモンドケーキを食べてから自分でも作ってみたいと思っていたのですが、ついつい忘れておりまして^^;
今日がそのチャンスデー!ということで、オレンジアーモンドケーキにチャレンジしてみたいと思います。

 

オレンジアーモンドケーキの作り方を調べてみると、どうやらスペイン菓子のようです。
レシピを見るとまるごとのオレンジを柔らかくなるまで茹でてそれをピューレにし、アーモンドパウダー、砂糖、卵を混ぜて焼くという感じのようです。
残念ながら今年収穫できたオレンジは全てマーマレードとコンフィにしてしまったためにもう残っておらず、茹でオレンジピューレを使う本格レシピは諦めるしかなく、オレンジのピューレの代わりにマーマレードを入れて作ってみたいと思います。


本格レシピと比べるとオレンジの香りが弱くなる事を考えて、代わりにオレンジと相性の良いカルダモンを加えてみます。
アーモンドパウダー、砕いたカルダモン、砂糖、ほんの少しベーキングパウダーも加えてよく混ぜ、そこへ卵を入れて混ぜます。
小麦粉ではなくアーモンドパウダーなので、ホイッパーでグルグルよく混ぜてもグルテンの発生は無く、生地が固くなる心配がないのが良いですね^^
最後にオレンジマーマレードもよく混ぜて生地の完成です。

今回はマフィン型で小さめに焼いてみることにしました。
バターを塗った型に生地を流して上にオレンジのコンフィをのせてオーブンで焼きます。


こんがりと美味しそうに焼けました!


仕上げにアーモンドスライスと粉糖を飾って、グルテンフリーのオレンジカルダモンケーキの完成です♪


オレンジのケーキに合わせて紅茶は同じ柑橘系のアールグレイにしました。
では!いただきます!


中はこんな感じです。
どっしり重い感じになるかな?と思いきや、ほんの少しですがベーキングパウダーを入れたおかげかふわっとしています。
卵のふんわり感とアーモンドのコクのある味、ほのかにカルダモンの爽やかな香りがします。
マーマレードとコンフィを噛みしめるとオレンジの香りと味が広がって、カルダモンとはまた異なった爽やかさが楽しめます。

ホイッパーでグ~ルグ~ル混ぜただけの簡単ケーキとは思えない美味しさです。
ボソボソもモソモソもせずにふんわりしっとりしているので小麦粉が入っていないなんて信じられない出来上がりで嬉しいです。


イギリスのティールームで食べたオレンジケーキを再現!と思って作り始めたのですが、結果違うオレンジケーキになってしまいました。
ですが、これはこれで美味しくできたので大満足です♪
来年はぜひ本格レシピで再挑戦してみたいです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です