Bara Brith – Welsh Fruit Tea Loaf * アールグレイティーで作るバラブリス


ウェールズの伝統菓子、バラ・ブリスを作りました。
ドライフルーツをたっぷり入れたお茶請けにピッタリのティーローフです。

昔ながらのレシピだとイーストで膨らませますが、最近ではベーキングパウダーを使用したクイックブレッドとして簡単に作ることもできます。
私はバラブリスを作る時はドライフルーツを紅茶に漬けて、生地はベーキングパウダー使用したクイックブレッドレシピで焼いています。
前回焼いた時はドライフルーツを漬ける紅茶にミルクティーにピッタリのこっくり味のヨークシャーティーを使用しましたが、今回は紅茶はアールグレイを使って作ってみたいと思います。

 


なぜ今回はアールグレイを使用したかというと、紅茶を焼き菓子に使用する時の弱点 ”紅茶の香りが焼いている間に飛んでしまうこと” を補うためです。
アールグレイのような着香茶は茶本来の香りは飛んでしまってもベルガモットの香りは残るので、紅茶を使っている感が分かりやすいのです。
今回はちゃんと紅茶が入っている事を感じたかったので、紅茶はアールグレイを使用してみることにしました。

ドライフルーツはバラブリスには欠かせないレーズンと、アールグレイと相性の良いプルーン、個人的な好みでアプリコットを入れました。
それらを濃いめに淹れたアールグレイに一晩漬けます。
ふっくらと戻ったドライフルーツ達にマーマレードジャムも加えます。
この紅茶フルーツに小麦粉、砂糖、卵、ベーキングパウダーを混ぜて低温でじっくりと焼きます。


焼きあがりました。
うーん、おいしそう!
カットするとベルガモットとマーマレードの柑橘系の香りがふわっと香ってきます。


1㎝くらいの薄めにスライスして、バターを薄く全体に塗って、ミルクティーと一緒にいただきます。

見た目がフルーツパウンドケーキのようですが、バターなどの油脂を入れていない事もあり、とても素朴な味わいです。
ケーキでもない、パンでもない、どちらかの味を想像するとなんだこれ?となってしまうのですが、噛みしめる度にドライフルーツの甘みと香りが口に広がり、独特のもっさりな食感、そこにバターを薄くのせることで全てが一つにまとまってとても味わい深くて美味しいのです。

今回使用したレーズン、プルーン、アプリコットどれも良い感じです。特にアプリコットがほんのり酸味のアクセントを加えてくれて飽きさせない味にしてくれました。
オレンジマーマレードとベルガモットの柑橘の香りも爽やかで、素朴な味わいにちょっと上品さがプラスされた気がします。


バラブリスにはミルクティーは欠かせませんね。
本当にイギリス菓子は紅茶に特にミルクティーによく合う美味しいお菓子ばかりです。

このバラブリス、個人的にミルクティーと合わせたいお茶請けベスト3に入っちゃうくらいにお気に入りのお菓子です。
午後のティータイムももちろん、ちょっと余裕のある朝に丁寧に紅茶を淹れて、バラブリスのもそもそ食感と素朴な味わいををミルクティーと共にゆっくりと味わうと最高に贅沢だなあと思います。
一日の始まりのエネルギーも心の余裕もチャージできるブレックファスト・ティー、こんな朝食を毎日摂りたいものです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です