Mini Cherry Bakewells * ミニ・チェリーベイクウェル


先日作ったルバーブのタルトのタルト生地が余ってしまったので、それを利用してベイクウェルタルトを焼いてみることにしました。
残り生地なので大きな物は焼けず、とっても可愛いミニ・ベイクウェルになりました。

 


タルト生地の上にラズベリージャムをのせて、その上にアーモンドクリームをのせて焼きます。
このアーモンドクリームにアーモンドの香料やアマレットなどを入れてアーモンドの風味を強めたりもするのですが、現地で食べたものはそのアーモンドの香りがとてもきつい物もあって、可愛い見た目なのにパンチの強い菓子だなぁと思ったことがあります。
なので今回はアーモンドの香りはかなり控えめにして作りました。

上にアーモンドスライスをのせて焼く一般的なベイクウェルタルトを半分と、もう半分は焼き上がりにアイシングとドレンチェリーでデコレーションしたチェリーベイクウェルにしてみました。


完成です。
小さい、可愛い!


親指と人差し指でちょいとつまんでホイッと一口で食べれちゃう小ささ。
一口でいけるからこそ同時に楽しめるタルトのバターの香りとサクサク感、アーモンドのコク、ラズベリーの甘酸っぱさ、それを全体的にまったりと包み込むアイシングの甘さ。
う~ん、紅茶がすすむ美味しさ!


半分に切るとこんな感じです。
このラズベリージャムが良い仕事をしています。この子がいるからこのタルトが更に美味しく感じます。
個人的にはこの大きさならアイシングがかかった甘いチェリーベイクウェルの方が好みです。


可愛いお菓子で可愛いティータイムでした。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です