Apple Gingerbread Cake * リンゴ入りジンジャーブレッドケーキ


クッキングアップルでどんなケーキを作ろうかなぁと考えた中で一番最初に作りたいと思ったのが、このアップル・ジンジャーブレッドでした。

ピリッと生姜の風味がきいた生地ににリンゴの爽やかさがプラスされたケーキです。

 


リンゴは存在感を残したかったので、煮崩れしないコックスを使用しました。
リンゴは角切りにしてコンポートに。
小麦粉にたっぷりジンジャーとシナモンを混ぜ、別のボールにバターと砂糖とゴールデンシロップ、そしてジンジャーブレッドには欠かせないブラックトリークルも加えて煮溶かします。
このバター&トリークルを溶かしただけの液体が、これまたおいしいのです。ちょいと味見に一口、もう一口もう一口とどんどん食べちゃいそうな美味しさです。もう普通のプレーンのケーキ焼いてこのシロップかけて完成でもいいんじゃないかなと思ってしまいましたが、ぐっと我慢して続きを作ります。


溶かしバター&トリークルに粉を混ぜ、角切りのリンゴと生姜の甘煮も加えます。
型に生地を入れて上にスライスしたコックスを交互に刺していきます。
焼きあがったら、リンゴのコンポートのシロップとハチミツを合わせたもので艶出しします。

 


完成です!
つやつやっとしていい感じです。


カットすると中のリンゴと生姜がお目見えです。


ジンジャーブレッドに合わせてミルクティーを淹れ、ティータイムです♪

味はジンジャーが強すぎず弱すぎずちょうど良い感じに香ります。
溶かしバターで作った生地なので、ちょっと蒸しパンの様なしっとりとした食感です。
この重い食感はああ~イギリスのケーキだなぁとしみじみします。

イギリスでケーキタイプのジンジャーブレッドというと、ぱっと見チョコレートケーキのような黒糖蒸しパンの様な濃い色の見た目で、味はブラックトリークルのちょっと薬っぽさを感じる個性的な黒糖のような風味にビリビリとくる生姜の香りと味で日本人には全く馴染みのない味わいです。
私は初めて食べた時に、ちょっと苦手かも・・・と思いました。
そのうちその衝撃的な味にも慣れてきて、このビリビリ来る味がミルクティーと良い合う!とも思うようにはなったのですが、今回作ったリンゴ入りのジンジャーブレッドは生姜やブラックとリークルの個性的な風味は控えめにしてみました。
その為色も濃くない仕上がりです。味わいも優しいジンジャーブレッドです(笑)

しかし、ちょっと優しすぎちゃったかな?^^;
トリークルの風味はこのままに、生姜のピリッとした刺激をもう少し欲しかったように思います。りんごももう少し大きめにカットしてもっと存在感を出しても良かったかも。ちょっと中途半端でした。


もっとちゃんと美味しくできる可能性があるので、リベンジしてレシピを練っていこうと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です