葡萄のタルト

grape-tart7
前回はドライグレープを使ってスコーンを作りました。
今回はフレッシュの葡萄を使って何かお菓子を作ろうと思います。

ちょっと傷がついてしまったからとこんなに色々な種類をいただいてしまいました。
傷がついていたって味は抜群です。
色も大きさも味もそれぞれ特徴があって、どんなお菓子を作ろうか迷ってしまいます。

grape-tart2
色々なある中でこれ食べてみて!とおすすめされたのがこの小粒で淡い赤い色の葡萄。
種はありますが皮がそのまま食べれて味がとっても濃い!甘さと葡萄らしい香りが口いっぱいに広がります。
これはカスタードと合いそう!と思ってカスタードタルトを作ってみることにしました。

後ろの緑のはシャインマスカットです。
初めてシャインを食べた時はその美味しさにビックリしたものです。
これも一緒にタルトにしたいと思います^^

grape-tart4
皮付きのアーモンドプードルを入れたパートシュクレでタルトを焼き、色々と余計なものを入れずにシンプルにカスタードを絞って葡萄をのせます。

grape-tart3
完成!シンプル!

grape-tart5
どシンプルなタルトですが、葡萄が美味しいのでなんとも贅沢な味がします。

タルトに合わせるお茶はネパールの1stフラッシュにしました。
ダージリンほど香りがきつくないのでいい感じで引き立て役となってくれました。

葡萄の焼き菓子も良いかなぁと思ったのですが、そのまま食べて美味しい素材はなんだかんだで生でそのまま食べるのが美味しいよね。という結果になってしまいました^^;
今回使った赤い葡萄は味も香りも濃いので、焼き菓子として一緒に焼き込んでしまっても美味しくできそうな気がします。
また次回挑戦してみたいと思います。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です