Fletcher’s House – Rye –

rye11
どこのティールームに入ろうかな?とライの町を散策していると、教会のすぐそばにティールームが並びで2軒も!
しかも両方とも雰囲気抜群でどちらに入ろうかさんざん悩んで、今回は看板が素敵なフレッチャーズ・ハウスへ行ってみました。

 

rye10
素敵な看板はこちらの建物がライ出身の劇作家ジョン・フレッチャーの生家であるとのことです。
これは歴史がありそう!楽しみ!

いざ入店!
店内かお庭かどっちで食べる?と店員さんに聞かれ、天気も良いし、お庭で♪ と、ガーデン席へ行ってみたもの特に普通でした(笑)

rye12
注文はランチ時でお腹ぺこぺこだったのでキッシュプレートを。
おしゃれ!
付け合わせのサラダはほとんどのお店が適当にもさっと盛られているのに対し、ここは人参もきゅうりもカールしている!キュートなカーリーカットの野菜にちょっと手の込んだドレッシングがかかっている。
一人サイズの丸いキッシュに一口サイズのポテト。ここのシェフはできる!!
もちろんお味も抜群でした!

rye13
アフタヌーンティーセットも注文してみました。
たまごサンドにスコーン(ジャム&クロテッドクリーム)、レモンタルト、盛り付けはかなりシンプルです。

サンドイッチは普通のお味でしたが、このレモンタルトが絶品!
普通イギリスでレモンメレンゲケーキはパイ生地にレモンクリームとメレンゲをのせてあるのが主流ですが、こちらはザックリとしたタルト生地に濃厚なレモンカードをのせてあって、そこにふんわりメレンゲの絶妙なハーモニーで衝撃のおいしさでした。
王道のレモンメレンゲケーキとは少し違っていますが、今まで食べたレモンとメレンゲを使ったケーキの中でナンバーワンのおいしさです。
ここのシェフはできる!!

rye61
接客も男の方でオーナーっぽい(もしかしてシェフ!?)がハキハキと注文と受けてくれてテキパキと笑顔で対応してくれて、味も接客も雰囲気も満点なティールームです。

rye9
店内は黒の梁が素敵なシックな内装でした。
お庭のガーデン席は開放的で、店内はクラシックな雰囲気でお茶ができて素敵そうです。
ここのシェフが作る料理はどれも美味しかったので、ぜひともまた行きたいお店です。

 

Fletchers House Tea Rooms & Restaurant

Fletchers House, 2 Lion Street, Rye,TN31

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です