Summer pudding * サマープディング

summer1
その名の通りイギリスの夏のデザート、サマープディングです。

イチゴやラズベリーやブルーベリーなどベリーをふんだんに使った甘酸っぱくてキュートなデザートです。
サマーにはちょっと早い時期ですが、フレッシュな苺が穫れる時期に作りたくて作ってみました。

材料も作り方もとっても簡単! 好みのベリー類に砂糖、そして食パン、この3種類のみです。

型に食パンを敷き、砂糖で煮たベリーを詰めて固めただけのなんとも衝撃のシンプルさ。
まさかの食パンを使うレシピ、初めて作り方を見た時にはけっこうショックを受けました。
私の中で食パンを使ってお菓子作り=時短・手抜きというイメージが強かったのです。

イギリスの料理番組で作っている映像を見ていると、うまく形がたもてなかったり、まだらになったりと超簡単なようでなかなか奥深そう。
よし、チャレンジしてみよう!と今回作ってみました。

 

summer2
レシピは英国大使館のものを参考にさせていただきました。→レシピ(PDF)

使用するベリーはブルーベリーは少なめにとの事ですが、ブルーベリー好きだし別にいいや~と思って苺:ラズベリー:ブルーベリーを同割で入れたところ、出来上がりが可愛いピンクのカラーではなく紫がかったものに。
なるほど、ブルーベリー少なめとはこういうことだったのか!

作ってみて感じたのは材料がシンプルにベリー、砂糖、パンなのでそれぞれの素材の質が出来上がりの美味しさを左右すること。
個人的には特にパンが重要かなと思います。ベリーはフレッシュで香りの良い物に越したことはないのですが、冷凍でも十分おいしくできます。
ですが、パンの質が悪いと途端にまずくなります。パンそのものが美味しい物であること、これがサマープディングを美味しいものにするかどうかのポイントだと今回作ってみて思いました。

summer3
食べる時はクリームを添えていただきます♪

パンに染み込んだベリージュースがじゅわっと口に広がって、甘酸っぱいベリーが爽やかです。とってもシンプルだけど作ってみると本当においしい!
冷たく冷やしたサマープディングとスパークリング系の爽やかな飲み物を合わせて、夏の日差しのもとでいただいたら間違いなく最高!

イギリスでは夏になると道の横の生け垣にごっそりとブラックベリーがなっていて、それがタダで積み放題だったり、日本じゃなかなか高級品なラズベリーも大量に手軽に手に入れられてベリー天国でした。
だからこそこんなにベリーがたっぷりの贅沢なデザートができたのかもしれません。
フレッシュで摘みたての香りの良いものを使って、その時期の最高のデザートだなと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です